うつ病を改善させる為にはまず気づくこと、チェックが大事

体も疲れるのだから心も当然疲れる

チェックで気づく

うつ病の治療では精神療法も試してみましょう

うつ病の治療では、主に抗うつ剤などを用いた薬物療法が行なわれます。うつ病の場合、重症化すると問題行動に発展することもあるため、効果の出やすい薬治療は一つの有効な治療法と言えるのです。ですがうつ病の場合、薬治療のみでは完全な回復が難しいこともあります。元の性格や生活習慣が病気を招いていることも多く、より根本的な面から解決策を探すことが再発を予防するためにも必要になるのです。例えば、認知行動療法を始めとする精神療法を受けてみるのも一つの方法となります。認知行動療法や他の精神療法では、物事の捉え方を変えることでストレスを感じにくい状態に導きます。従って、それまでとは違った視点で事にあたれるようになるのです。

脳内物質の影響に注目が集まっているのです

うつ病のチェックリストでは、気分の落ち込みと共に普段の体の状態や生活習慣などがチェックされます。実際、うつ病になると心身に様々な症状が現れるためこのようなチェックは有効なのです。最近ではこういったチェックリストで該当した症状と、脳内物質との関係が取り沙汰されています。うつ病になると脳の中の様々な神経伝達物質の働きが弱るということが分かってきたのです。そのため、うつ病の治療ではこういった脳内物質の働きを正常に保つことが重要なテーマとなってきています。薬物療法や生活習慣の改善など様々な方法で、現在脳内物質の働きを良くすることが試されているのです。これまでは漠然としていたうつ病を、ある程度目に見える形で把握出来るのが現在の精神医療と言えます。

最も広く認知されるある病の歴史について

うつ病は一般的にヒポクラテスが提唱した「四体液説」を元としているとされ、本著のなかで示されたメランコリーが憂鬱すなわちうつ病とされています。黒胆汁が多い人は憂鬱になるというチェック方法を確立しましたがその後メランコリーという言葉は消えてしまいました。 しかし20世紀にはいってふたたびメランコリーという言葉は現れることになるのです。精神病理学者であるテレンバッハは著書「メランコリー」の中でメランコリー親和型という名前でうつ病を取り上げたのです。今はこの学説には異論を唱える意見がありますが当時この論文が出たことで精神医学界は息を取り戻すことになったのです。その後うつ病に関しての研究も盛んになりそのチェック方法が確立されてきました。チェック方法については学会の中でも意見が分かれていますが自分でチェックが出来るようになったことで世間のうつ病に対する理解が深まることになったのです。

うつ病とそのチェック方法についての今後の展望

うつ病は精神疾患であるが精神病ではないと言われています。しかし一般的にはこの区別はあまり意味をなさないように思えます。学会内でも意見がまとまっていないうつ病診断における今後の展開を考察してみようと思います。 さて国内の病院の全病床数における精神病患者の占める割合はどの程度でしょうか。実は国内の病床のおよそ2割は精神病患者であると言われています。そしてその精神病患者の中にはうつ病を併発している人がたくさんいます。しかし精神科医は1つの病院に数人いればよいことになっています。これでは精神病診断は正確にできないのも無理ないのではないでしょうか。今うつ病であると言われている人も本当はうつ病ではない可能性が十分あります。この可能性の一因に精神病診断の方法が確立されていないことがあるのではないかと思うのです。これからの精神病診断をめぐる展開に注目していかなければならないでしょう。

子どもも発症

うつ病は老若男女問わず、発症させる可能性があります。子どもがうつ病を発症させることもあるので、親はうつ病でないかどうかをチェックする必要があるでしょう。気分の浮き沈みは、うつ病の症状の1つでもあります。

READ MORE

うつ病を隠す

精神病というイメージの強いうつ病を、発祥したことを隠す人も多くいるでしょう。身体や心の変化に気づいても病院へ足を踏み入れない人もいます。自己チェックをして、可能性がある場合にはしっかりと診断を受けましょう。

READ MORE

心の病気

心の病気であるうつ病は、早めの発見が重要となります。周りの人で、何かしらの変化を感じた場合には、セルフチェックを受けてみるといいでしょう。そうすることで病気の早期発見にも繋がります。

READ MORE

治療の費用

うつ病を治療する為の費用は、健康保険が適用されます。治療期間が長引くのであれば、費用の負担を背負わなくてはいけません。その負担を軽減する制度もあるので、利用する場合はチェックをしてみましょう。

READ MORE

話しをする

うつ病の自己チェックは、ネットなどでも行うことが出来ます。違和感が生じる時に行ってみましょう。また、プロのカウンセラと話しをすることでも、病気の発症に気づけるきっかけになります。

READ MORE